夜ご飯 何も思いつかないときは、我が家の定番和食で決まり!

当ページのリンクには広告が含まれています。

今回は、夜ごはんが何も思いつかないときに重宝する我が家の定番の和食料理をご紹介します。

今回ご紹介するのは以下になります。

・肉じゃが
・サバの塩焼き
・サラダ
・味噌汁

上記メニューのカロリーや料理で工夫した点、アレンジ等、ご紹介するので是非参考にして下さいね。

宅配食材のオイシックスならキットメニューで「今日のご飯何にしよう?」という悩みから解放されますよ

しかもキットなら分量も必要な量で届けてくれるので食材の無駄も省けます。私も使ってみて美味しい上に、自分では余り使用しな食材にも触れ、毎日のご飯が豊になりました。

>>オイシックス公式サイトはこちら

目次

肉じゃが

肉じゃがの美味しい食べ方と調理のコツ

肉じゃがは、じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、牛肉などの具材を醤油、砂糖などで煮込んだ、日本の代表的な煮物です。家庭料理として親しまれ、ご飯のおかずとして、幅広い世代に愛されています。

カロリー

肉じゃがのカロリーは、1人前(200g)で約400kcalです。じゃがいも、にんじん、玉ねぎなどの野菜は、カロリーが低めですが、牛肉は脂身が多いため、カロリーが高めになります。

使われている食材

肉じゃがによく使われる食材は、以下のとおりです。

  • じゃがいも
  • にんじん
  • 玉ねぎ
  • 牛肉

じゃがいもは、煮崩れしにくい男爵イモがおすすめです。にんじんは、甘みのある黄色やオレンジ色のものを選びましょう。玉ねぎは、甘みと旨味のあるみじん切りにします。牛肉は、脂身が少なく、繊維が細かい赤身肉がおすすめです。

美味しく食べる工夫

肉じゃがを美味しく食べるには、以下の工夫がおすすめです。

  • 具材を同じ大きさに切る
  • 具材を最初に炒める
  • 落し蓋をして煮る
  • 一度冷ましてから食べる

具材を同じ大きさに切ることで、煮崩れしにくくなり、味が均一に染み込みやすくなります。具材を最初に炒めると、香ばしさがプラスされ、煮崩れしにくくなります。

落し蓋をして煮ることで、煮汁が全体に行き渡り、煮崩れしにくくなります。一度冷ましてから食べると、味がさらに染み込み、美味しく仕上がります。

調理の工夫

肉じゃがをより美味しく仕上げるには、以下の調理の工夫がおすすめです。

  • 醤油、砂糖の割合は、1:2が基本です。
  • 煮汁は、具材が半分浸かる程度にします。
  • 煮汁が煮詰まってきたら、落し蓋を外して、煮汁を全体に回しながら煮ます。
  • 仕上げに、一味唐辛子や七味唐辛子を振ると、風味がアップします。

醤油、砂糖の割合は、好みに合わせて調整してください。煮汁が多すぎると、具材が煮崩れしやすくなるので注意しましょう。

煮汁が煮詰まってきたら、落し蓋を外して、煮汁を全体に回しながら煮ることで、味が染み込みやすくなります。仕上げに、一味唐辛子や七味唐辛子を振ると、ピリッとした辛味がアクセントになり、美味しく仕上がります。

味の感想

私が食べた肉じゃがは、じゃがいも、にんじん、玉ねぎの味がしっかりと染み込んでおり、牛肉の旨味が加わって、とても美味しかったです。

特に、じゃがいもはホクホクとした食感で、甘みと旨味が絶妙でした。にんじんは、甘みとコクが感じられ、玉ねぎは、甘みと旨味に、ほんのりとした辛味がアクセントになっていました。

牛肉は、脂身が少なく、柔らかく、食べやすかったです。

全体的に、バランスの良い味付けで、とても満足できる肉じゃがでした。また、一度冷ましてから食べたところ、味がさらに染み込み、美味しかったです。

肉じゃがは、家庭で簡単に作れる、定番の煮物です。美味しく食べるためには、具材を同じ大きさに切る、具材を最初に炒める、落し蓋をして煮る、一度冷ましてから食べるなどの工夫がおすすめです。

また、醤油、砂糖の割合や煮汁の量を調整することで、自分好みの味付けにすることもできます。ぜひ、美味しい肉じゃがを作ってみてください。

メニュー選びに迷うなら、宅配食材のオイシックスが便利です。まずは初回限定のお試しセットがお得です。

>>オイシックス公式サイトはこちら

サバの塩焼き

サバの塩焼きの美味しい食べ方と調理のコツ

サバの塩焼きは、サバを塩でシンプルに焼いた日本の家庭料理です。サバの旨味が凝縮された、脂ののったサバの塩焼きは、ご飯に合い幅広い年代に愛されています。

カロリー

サバの塩焼きのカロリーは、1人前(100g)で約250kcalです。サバは100gで約250kcal含まれています。

使われている食材

サバの塩焼きによく使われる食材は、以下のとおりです。

  • サバ

サバは、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。塩は、サバの旨味を引き出すために使われます。

美味しく食べる工夫

サバの塩焼きを美味しく食べるには、以下の工夫がおすすめです。

  • サバは、新鮮なものを使う
  • サバは、3枚におろす
  • サバの皮は、焦げないように注意する

サバは、新鮮なものを使うことで、旨味がアップします。サバは、3枚におろすことで、火の通りが均一になり、身がふっくらと仕上がります。サバの皮は、焦げないように注意しましょう。

調理の工夫

サバの塩焼きをより美味しく仕上げるには、以下の調理の工夫がおすすめです。

  • サバは、塩をまぶして冷蔵庫で30分以上寝かせる
  • サバは、強火で両面をさっと焼く
  • サバは、焼き上がったら、キッチンペーパーで余分な油を拭く

サバは、塩をまぶして冷蔵庫で30分以上寝かせることによって、塩味が染み込み、旨味がアップします。サバは、強火で両面をさっと焼くことで、身がふっくらと仕上がります。サバは、焼き上がったら、キッチンペーパーで余分な油を拭くことで、さっぱりと仕上がります。

味の感想

私が食べたサバの塩焼きは、サバの旨味が凝縮された、とても美味しかったです。特に、サバの皮は、パリパリと香ばしく、身はふっくらとしていました。塩加減もちょうど良く、ご飯にぴったりでした。

また、私は、サバの塩焼きに、ポン酢やレモン汁をかけて食べたところ、さっぱりとした味わいで、また違った美味しさを楽しむことができました。

アレンジ方法

サバの塩焼きをより美味しくするために、以下のアレンジもおすすめです。

  • サバの塩焼きに、みりんを加えて、照り焼きにすると、甘辛い味わいになります。
  • サバの塩焼きに、チーズをのせて、オーブンで焼くと、まろやかな味わいになります。
  • サバの塩焼きに、大葉やネギを添えると、さっぱりとした味わいになります。

このように、いろいろな工夫をして、自分好みのサバの塩焼きを作ってみてください。

サバの塩焼きは、日本の家庭料理の定番ですが、アレンジ次第で、いろいろな味わいを楽しむことができます。ぜひ、いろいろなアレンジを試してみてください。

>>オイシックス公式サイトはこちら

わかめとほうれん草と厚揚げと玉ねぎの味噌汁

わかめとほうれん草、厚揚げ、玉ねぎを材料とする味噌汁は、栄養満点で美味しく、体に優しい一品です。

まず、材料一つ一つが持つ栄養価について考えてみましょう。

わかめは、食物繊維が豊富ででカルシウムや鉄分も多く含みます。

ほうれん草はビタミンA、C、K、葉酸などのビタミン類や鉄分を多く含みます。

厚揚げは大豆製品で、良質なタンパク質やイソフラボンが含まれています。そして玉ねぎは、アリシンという成分が含まれいます。

このように、それぞれの材料が持つ栄養素が、一つの味噌汁に凝縮されています。

また、わかめとほうれん草、厚揚げ、玉ねぎの組み合わせは、食感や風味のバランスも良いです。

わかめのぷるっとした食感、ほうれん草のシャキッとした歯ごたえ、厚揚げのもっちりとした食感、玉ねぎの甘みが絶妙にマッチします。そして、それらを纏め上げるのが味噌のコクと旨味です。

さらに、この味噌汁は、手軽に作れる点も魅力です。わかめは乾燥品を常備しておけば、いつでも使えます。

ほうれん草や玉ねぎは生鮮食品ですが、保存がきき、さまざまな料理に使えるため、家庭の冷蔵庫に常にストックがあることでしょう。

厚揚げも長期保存が可能なので、これらの材料を組み合わせて、栄養満点の味噌汁を手軽に作ることができます。

以上のように、わかめとほうれん草、厚揚げ、玉ねぎを使った味噌汁は、栄養価の高さ、美味しさ、手軽さを兼ね備えた理想的な一品です。ぜひ、日々の食事に取り入れてみてください。

後は我が家の定番のたまごのせサラダも加えて

晩御飯完成です!

サラダの作り方は別記事に書いているので、良かったら参考にして下さいね。

>>オイシックス公式サイトはこちら

まとめ

今回ご紹介した、肉じゃが、サバの塩焼き、わかめとほうれん草と厚揚げと玉ねぎの味噌汁、たまごのせサラダは、いずれも簡単に作れて、栄養バランスが良く、美味しく食べられるメニューです。

特に、わかめとほうれん草と厚揚げと玉ねぎの味噌汁は、栄養満点の一品です。

また、肉じゃがとサバの塩焼きは、日本の家庭料理の定番です。

たまごのせサラダは、シンプルながらも、栄養価が高く、満足感のある一品です。

これらのメニューを組み合わせることで、栄養バランスが良く、美味しい晩御飯を完成させることができます。

ぜひ、参考にしてみてください。

オイシックスなら宅配食材で自宅までお届け!

買いに行く手間も省けるうえに、食卓が豊かになりますよ。

>>オイシックス公式サイトはこちら

【お知らせ】

当ブログでは、できる限り最新の情報を提供するよう努めていますが、記事公開後に情報が変更される場合があり、その正確性を保証するものではありません。

掲載されている情報はあくまで参考としてご利用ください。情報の正確さや適切さについては、ご自身の判断でご利用ください。

当ブログが管理していないリンク先の情報については、その内容に関して責任を負いません。リンク先の情報を利用する際は、ご自身の責任でご利用ください。

当ブログの情報やリンク先の情報を利用したことによる損失や不便について、当ブログは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

目次