夕飯のハンバーグメニューを紹介!つき合わせにもう一品の副菜や美味しく食べる工夫もご紹介!

当ページのリンクには広告が含まれています。

夕方は家族で笑顔で迎えたいですよね。

そこで、栄養満点でさっぱりとした我が家のメニューをご紹介します!

今回ご紹介するのは以下になります。

・和風おろしハンバーグ
・いんげんとトウモロコシの炒め物
・サラダ

この記事では、気になるカロリーや材料、美味しく食べる工夫、調理のアレンジ方法等ご紹介するので、夕飯作りに迷ったら、是非参考にして下さいね。

目次

大根おろし乗せハンバーグ

大根おろし乗せ和風ハンバーグ

大根おろし乗せ和風ハンバーグは、和風の味付けと大根おろしのさっぱりとした風味が特徴のハンバーグです。定番のハンバーグに飽きたときにもおすすめのメニューです。

カロリー

大根おろし乗せ和風ハンバーグのカロリーは、ハンバーグ1個あたり約300kcalです。付け合わせやソースの種類によってカロリーは変動しますが、一般的にハンバーグは高カロリーな料理です。

カロリーを抑えるためには、ハンバーグの量を減らしたり、付け合わせを野菜やきのこ類にしたりするのがおすすめです。また、ソースはポン酢やおろしソースなど、さっぱりとした味付けのものを選ぶと良いでしょう。

使われている食材

大根おろし乗せ和風ハンバーグには、以下の食材が使われます。

  • 合挽き肉
  • 玉ねぎ
  • パン粉
  • 牛乳
  • コショウ
  • ナツメグ(あれば)

美味しく食べる工夫

大根おろし乗せ和風ハンバーグを美味しく食べるためには、以下の工夫をすると良いでしょう。

大根おろしは我が家の自家製大根です。

  • 大根おろしをたっぷりかける

大根おろしは、ハンバーグの旨味を引き立ててくれるだけでなく、さっぱりとした風味で食べ飽きない美味しさを与えてくれます。大根おろしは、ハンバーグの上にたっぷりかけて、ソースと混ぜながら食べるのがおすすめです。

  • ソースを工夫する

ソースは、ハンバーグの味をより引き立ててくれる重要なポイントです。和風の味付けに合わせた、ポン酢やおろしソースなどがおすすめです。また、大根おろしやきのこを加えて、よりさっぱりとした味わいに仕上げるのも良いでしょう。

  • 付け合わせを工夫する

付け合わせは、ハンバーグの味を引き立ててくれるだけでなく、栄養バランスを整えてくれる役割もあります。和風の味付けに合わせた、野菜やきのこ類がおすすめです。また、ご飯やパンなどの主食と組み合わせるのも良いでしょう。

調理の工夫

大根おろし乗せ和風ハンバーグを美味しく作るためには、以下の調理の工夫をすると良いでしょう。

  • 玉ねぎをしっかり炒める

玉ねぎをしっかり炒めることで、甘みと旨味が増し、ハンバーグの味に深みが出ます。玉ねぎは、みじん切りにして、油をひいたフライパンで中火で炒めます。

玉ねぎが透き通って、甘い香りがしてきたら、火を止めて粗熱を取ります。

  • ハンバーグをしっかりと焼き込む

ハンバーグをしっかりと焼き込むことで、肉汁が閉じ込められ、ジューシーな仕上がりになります。ハンバーグを焼くときは、強火で表面に焼き色をつけたら、弱火にしてじっくりと火を通します。

味の感想

大根おろし乗せ和風ハンバーグは、和風の味付けと大根おろしのさっぱりとした風味が絶妙にマッチした、美味しく食べやすいハンバーグです。

ハンバーグは、肉の旨味と食感を楽しむ料理ですが、大根おろしをたっぷりかけることで、さっぱりとした風味とシャキシャキとした食感がプラスされ、食べ飽きない美味しさになります。

また、ソースを工夫することで、より美味しく楽しむことができます。ポン酢やおろしソースなどのさっぱりとした味付けのソースを使うと、大根おろしとの相性も良く、よりさっぱりとした味わいになります。

私は、大根おろし乗せ和風ハンバーグをよく食べますが、毎回美味しく頂いています。大根おろしのさっぱりとした風味は、暑い夏や食欲がないときでも、美味しく食べられるのでおすすめです。

いんげんとトウモロコシの炒めもの

インゲンとコーンの炒め物

インゲンとコーンの炒め物は、さっぱりとした味わいで、ハンバーグの付け合わせにぴったりの料理です。

カロリー

インゲンとコーンの炒め物のカロリーは、1人分あたり約200kcalです。ハンバーグの付け合わせとしては、比較的低カロリーな料理と言えます。

美味しく食べる工夫

インゲンとコーンの炒め物を美味しく食べるためには、以下の工夫をすると良いでしょう。

  • インゲンは、さっと茹でてから炒める

インゲンは、茹でることで甘みが増し、シャキシャキとした食感になります。インゲンは、塩茹でにして、水気を切ってから炒めるのがおすすめです。

  • コーン缶汁は、炒め物に入れる

コーン缶汁には、コーンの旨味と甘みが凝縮されています。コーン缶汁は、炒め物の調味料として使うと、コクと旨味がアップします。

  • 塩こしょうで味を調える

インゲンとコーンは、塩こしょうで味を調えるだけで美味しくいただけます。お好みで、にんにくやしょうがを加えるのもおすすめです。

調理の工夫

インゲンとコーンの炒め物を美味しく作るためには、以下の調理の工夫をすると良いでしょう。

  • インゲンは、さっと茹でて冷やす

インゲンを茹でた後、すぐに炒めると水っぽくなってしまいます。インゲンは、茹でて冷ましてから炒めると、シャキシャキとした食感に仕上がります。

  • コーン缶汁は、炒め始めに入れる

コーン缶汁は、炒め始めに入れることによって、コーンの旨味が全体に染み込みます。

  • 火を通しすぎない

インゲンは、火を通しすぎると食感が悪くなります。インゲンは、しんなりとする程度に炒めるのがおすすめです。

使われている食材

インゲンとコーンの炒め物には、以下の食材が使われます。

  • いんげん
  • コーン(缶詰)
  • 塩こしょう

味の感想

インゲンとコーンの炒め物は、さっぱりとした味わいで、ハンバーグの付け合わせにぴったりです。インゲンのシャキシャキとした食感とコーンの甘み、コクのある味わいが、ハンバーグの旨味を引き立ててくれます。

また、インゲンにはビタミンやミネラルが豊富に含まれており、栄養バランスも良い料理です。

私は、インゲンとコーンの炒め物が大好きです。ハンバーグやステーキなどの肉料理の付け合わせとして、よく食べます。また、ご飯や麺類のおかずとしても美味しくいただけます。

アレンジ方法

インゲンとコーンの炒め物に、以下の食材を加えるのもおすすめです。

  • ベーコン
  • にんにく
  • しょうが

ベーコンを加えることで、コクと旨味がアップします。にんにくやしょうがを加えることで、風味が豊かになります。

また、インゲンとコーンの代わりに、他の野菜やきのこ類を加えても美味しくいただけます。例えば、

  • ブロッコリー
  • パプリカ
  • 玉ねぎ
  • エリンギ
  • しいたけ

などです。

お好みの食材を加え、オリジナルの炒め物を作ってみて下さいね。

ブロッコリーときゅうりと卵のサラダ

ブロッコリーときゅうりとゆで卵、ハム、サラダ菜のサラダ

ブロッコリーときゅうりとゆで卵、ハム、サラダ菜のサラダは、彩り豊かで栄養バランスの良い、定番のサラダです。

カロリー

ブロッコリーときゅうりとゆで卵、ハム、サラダ菜のサラダのカロリーは、1人分あたり約250kcalです。野菜をたっぷり使用したサラダなので、比較的低カロリーな料理と言えます。

使われている食材

ブロッコリーときゅうりとゆで卵、ハム、サラダ菜のサラダには、以下の食材が使われます。

  • ブロッコリー
  • きゅうり
  • ゆで卵
  • ハム
  • サラダ菜

美味しく食べる工夫

ブロッコリーときゅうりとゆで卵、ハム、サラダ菜のサラダを美味しく食べるためには、以下の工夫をすると良いでしょう。

  • ブロッコリーは、茹ですぎない

ブロッコリーは、茹ですぎると食感が悪くなります。ブロッコリーは、茹でてしんなりとする程度にするのがおすすめです。

  • きゅうりは、塩もみする

きゅうりは、塩もみすることで、水分が出てシャキシャキとした食感になります。きゅうりは、塩をまぶして5分ほどおき、水気を絞ってから使用するのがおすすめです。

  • ゆで卵は、冷ましてから切る

ゆで卵は、熱いうちに切ると、崩れやすくなります。ゆで卵は、冷ましてから切るのがおすすめです。

  • ドレッシングは、好みで選ぶ

ドレッシングは、さっぱりとした味付けのものを選ぶと、サラダの味を引き立ててくれます。また、お好みで、マヨネーズや酢を加えても美味しくいただけます。

調理の工夫

ブロッコリーときゅうりとゆで卵、ハム、サラダ菜のサラダを美味しく作るためには、以下の調理の工夫をすると良いでしょう。

  • ブロッコリーは、茹でる前に塩を振る

ブロッコリーは、茹でる前に塩を振ることで、アクが出にくくなります。ブロッコリーは、塩を振ってから茹でるのがおすすめです。

  • きゅうりは、薄切りにする

きゅうりは、薄切りにすることで、食べやすくなります。きゅうりは、ピーラーを使って薄切りにするのがおすすめです。

  • ゆで卵は、殻をむいてから切る

ゆで卵は、殻をむいてから切ることで、切りやすくなります。ゆで卵は、殻をむいてから、食べやすい大きさに切るのがおすすめです。

味の感想

ブロッコリーときゅうりとゆで卵、ハム、サラダ菜のサラダは、ブロッコリーのシャキシャキとした食感と、きゅうりのさっぱりとした味わいが、相性抜群のサラダです。ゆで卵の濃厚な味わいと、ハムの旨味が、さらに美味しさをアップさせてくれます。

また、サラダ菜の苦みが、全体の味を引き締めてくれます。彩りも豊かなため、見た目にも美味しく、食欲をそそります。

私は、ブロッコリーときゅうりとゆで卵、ハム、サラダ菜のサラダをよく食べます。定番のサラダですが、飽きずに美味しくいただけます。ぜひ、みなさんも作ってみてください。

オリジナルのアレンジ方法

ブロッコリーときゅうりとゆで卵、ハム、サラダ菜のサラダに、以下の食材を加えるのもおすすめです。

  • レタス
  • トマト
  • パプリカ
  • オクラ
  • きのこ類

レタスを加えることで、ボリュームアップします。トマトを加えることで、彩りと酸味がアップします。

パプリカを加えることで、彩りと甘みがアップします。オクラを加えることで、シャキシャキとした食感がプラスされます。きのこ類を加えることで、旨味とコクがアップしますよ。

お好みの食材を加え、オリジナルのサラダを作ってみて下さいね。

まとめ

大根おろし乗せ和風ハンバーグ、インゲンとコーンの炒め物、ブロッコリーときゅうりとゆで卵のサラダは、いずれも定番の料理ですが、アレンジすることで、より美味しく楽しむことができます。

是非、お好みのアレンジで夕飯を楽しく過ごしてくださいね。

【お知らせ】

当ブログでは、できる限り最新の情報を提供するよう努めていますが、記事公開後に情報が変更される場合があり、その正確性を保証するものではありません。

掲載されている情報はあくまで参考としてご利用ください。情報の正確さや適切さについては、ご自身の判断でご利用ください。

当ブログが管理していないリンク先の情報については、その内容に関して責任を負いません。リンク先の情報を利用する際は、ご自身の責任でご利用ください。

当ブログの情報やリンク先の情報を利用したことによる損失や不便について、当ブログは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

目次