晩御飯のメニューで簡単に作れ、早くできる焼魚メニューを紹介!

当ページのリンクには広告が含まれています。

忙しい夕方はできるだけ時短で簡単に料理を済ませたいですよね。

そこで、栄養満点で簡単に調理できる我が家の定番レシピをご紹介します!

今回ご紹介するのは以下になります。

・大根の葉のごはん
・焼き魚
・味噌汁
・サラダ

この記事では写真を添えて以下の事をご紹介します。

・カロリー
・使われている食材
・美味しく食べる工夫
・調理の工夫
・食べた感想

あなたの毎日の献立に是非お役立て下さいね。

目次

大根の葉のごはん

大根の葉のご飯は、大根の葉とご飯を混ぜ合わせた料理です。大根の葉は、β-カロテンやビタミンC、食物繊維が豊富に含まれているため、栄養価の高い料理と言えます。

大根の葉のご飯のカロリーは、100gあたり約210kcalです。ご飯100gあたりのカロリーは約168kcalなので、大根の葉のカロリーはご飯の約20%程度です。

大根の葉のご飯を美味しく食べる工夫としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 大根の葉の切り方

大根の葉は、葉脈の部分が硬いため、食べやすいように細かく刻みましょう。また、茎の部分は、食べやすいように斜めに切ると良いでしょう。

  • 大根の葉の下処理

大根の葉は、茹でる前に下処理をしましょう。下処理には、以下の方法があります。

* 塩茹で:塩茹ですることで、大根の葉の青臭さが抜けて、より美味しく仕上がります。
* 水洗い:水洗いすることで、泥や汚れが落ちて、より清潔に仕上がります。
  • ご飯の温度

ご飯は、温かいうちに大根の葉と混ぜ合わせましょう。温かいご飯に混ぜることで、大根の葉の風味がより引き立ちます。

  • 調味料の使い方

調味料は、シンプルに塩だけでも十分に美味しく仕上がります。また、醤油やめんつゆ、味噌などを加えても良いでしょう。

大根の葉のご飯に使われている食材

大根の葉のご飯に使われている食材は、以下のとおりです。

  • 大根の葉
  • ご飯

大根の葉のご飯の調理の工夫

大根の葉のご飯は、炊き込みご飯や炒め物など、さまざまな調理方法で作ることができます。

  • 炊き込みご飯

大根の葉とご飯を一緒に炊き込むことで、簡単に大根の葉のご飯を作ることができます。大根の葉は、炊飯の15分前に炊飯器に入れるようにしましょう。

  • 炒め物

大根の葉とご飯を炒め合わせることで、より香ばしく仕上がります。大根の葉は、ごま油を熱したフライパンで炒めましょう。

  • おにぎり

大根の葉とおにぎりのご飯を混ぜ合わせることで、大根の葉の風味が楽しめるおにぎりを作ることができます。

大根の葉のご飯の味の感想

大根の葉のご飯は、大根の葉の爽やかな風味とご飯の甘みが絶妙にマッチした、とても美味しい料理です。

特に、塩茹でした大根の葉と、温かいご飯を混ぜ合わせたシンプルな作り方が一番美味しいと思います。

また、大根の葉のご飯は、栄養価も高いため、健康にも良い料理と言えます。

鮭の焼き魚

鮭の焼き魚は、鮭を焼いたシンプルな料理です。鮭は、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸が豊富に含まれているため、健康に良い料理と言えます。

鮭の焼き魚のカロリーは、100gあたり約200kcalです。ご飯100gあたりのカロリーは約168kcalなので、鮭のカロリーはご飯の約12%程度です。

鮭の焼き魚を美味しく食べる工夫としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 鮭の切り方

鮭は、皮目に斜めに切れ目を入れることで、皮がパリッと仕上がります。また、身に切れ目を入れることで、火の通りが良くなります。

  • 鮭の下処理

鮭は、キッチンペーパーなどで水気を拭き取ってから焼きましょう。水気が残っていると、焦げやすくなってしまいます。

  • 焼き時間

鮭は、皮目から焼きましょう。皮目がパリッと焼けたら、身を焼きます。身が焼けたら、裏返して、もう一度皮目を焼きましょう。

  • 焼き加減

鮭は、好みの焼き加減で焼きましょう。身が透き通って白っぽくなったら、焼き加減の目安です。

  • 味付け

鮭は、塩や醤油、味噌などで味付けしましょう。また、レモンやわさび、刻みねぎなどを添えても美味しく食べることができます。

鮭の焼き魚に使われている食材

鮭の焼き魚に使われている食材は、以下のとおりです。

  • 塩、醤油、味噌、レモン、わさび、刻みねぎなど

鮭の焼き魚の調理の工夫

鮭の焼き魚は、フライパンやオーブン、グリルなどで焼くことができます。

  • フライパン

フライパンで焼く場合は、弱火でじっくりと焼きましょう。

  • オーブン

オーブンで焼く場合は、200度で10〜15分程度焼きましょう。

  • グリル

グリルで焼く場合は、魚焼きグリルの網に鮭を置いて、中火で5〜7分程度焼きましょう。

鮭の焼き魚の味の感想

鮭の焼き魚は、鮭の旨味と香ばしさが楽しめる、とても美味しい料理です。特に、皮がパリッと焼けて、身はふっくらと焼き上がったものは、最高の美味しさです。

また、鮭の焼き魚は、ご飯のおかずとして美味しく食べることができます。

味噌汁

じゃがいもと大根の葉と玉ねぎが入った味噌汁は、じゃがいもや大根の葉、玉ねぎなどの野菜をたっぷり使った、栄養価の高い味噌汁です。

じゃがいもと大根の葉と玉ねぎが入った味噌汁のカロリーは、1人分あたり約150kcalです。ご飯100gあたりのカロリーは約168kcalなので、味噌汁のカロリーはご飯の約9%程度です。

じゃがいもと大根の葉と玉ねぎが入った味噌汁を美味しく食べる工夫としては、以下のようなものが挙げられます。

  • じゃがいもの切り方

じゃがいもは、皮をむいて、大きめの乱切りにしましょう。大きすぎると、火の通りが悪くなってしまいます。

  • 大根の葉の切り方

大根の葉は、1cm幅に切ります。

  • 玉ねぎの切り方

玉ねぎは、薄切りにしましょう。

  • だし汁の種類

だし汁は、昆布だしや鰹節だしなど、風味の良いものを使いましょう。

  • 味噌の種類

味噌は、合わせ味噌や赤味噌など、好みの味噌を使いましょう。

  • 具材の量

具材の量は、ご飯の量に合わせて調整しましょう。ご飯が少ないときは、具材を多めにすると、満足感が増します。

  • 味噌の溶かし方

味噌は、火を止めてから溶き入れましょう。そうすることで、味噌の風味がより引き立ちます。

じゃがいもと大根の葉と玉ねぎが入った味噌汁に使われている食材

じゃがいもと大根の葉と玉ねぎが入った味噌汁に使われている食材は、以下のとおりです。

  • じゃがいも
  • 大根の葉
  • 玉ねぎ
  • だし汁
  • 味噌

じゃがいもと大根の葉と玉ねぎが入った味噌汁の調理の工夫

じゃがいもと大根の葉と玉ねぎが入った味噌汁は、炊飯器で炊くことができます。

炊飯器で炊く場合は、以下の手順で作ります。

  1. 炊飯器に米と水を入れ、通常通り炊き始める。
  2. 炊飯器の目盛り線までだし汁を注ぐ。
  3. じゃがいも、大根の葉、玉ねぎを加える。
  4. 炊き上がったら、味噌を溶き入れ、完成。

じゃがいもと大根の葉と玉ねぎが入った味噌汁の味の感想

じゃがいもと大根の葉と玉ねぎが入った味噌汁は、じゃがいものホクホクとした食感と、大根の葉の爽やかな風味が楽しめる、とても美味しい味噌汁です。

また、玉ねぎの甘みもプラスされて、より深みのある味わいになります。

特に、じゃがいもが柔らかくなり、大根の葉の旨味が出てきた頃が、一番美味しいと思います。

レタスとサツマイモ、ハム・卵のサラダ

レタスとサツマイモ、ハム・卵のサラダは、レタスやサツマイモなどの野菜と、ハムや卵などの動物性食品を組み合わせた、栄養バランスの良いサラダです。

レタスとサツマイモ、ハム・卵のサラダのカロリーは、1人分あたり約350kcalです。ご飯100gあたりのカロリーは約168kcalなので、サラダのカロリーはご飯の約21%程度です。

レタスとサツマイモ、ハム・卵のサラダを美味しく食べる工夫としては、以下のようなものが挙げられます。

  • レタスの切り方

レタスは、食べやすい大きさにちぎりましょう。

  • サツマイモの切り方

サツマイモは、皮をむいて、1cm角に切ります。

  • ハムの切り方

ハムは、食べやすい大きさに切ります。

  • 卵の切り方

卵は、茹でて、食べやすい大きさに切ります。

  • ドレッシング

ドレッシングは、お好みのものを使いましょう。

  • 具材の量

具材の量は、好みで調整しましょう。野菜を多めにすると、ヘルシーに仕上がります。

  • 食感のアクセント

ナッツやチーズなどを加えると、食感のアクセントがついて、より美味しく仕上がります。

レタスとサツマイモ、ハム・卵のサラダに使われている食材

レタスとサツマイモ、ハム・卵のサラダに使われている食材は、以下のとおりです。

  • レタス
  • サツマイモ
  • ハム

レタスとサツマイモ、ハム・卵のサラダの調理の工夫

レタスとサツマイモ、ハム・卵のサラダは、シンプルに和えても美味しいですが、以下の調理方法でも美味しく作ることができます。

  • サツマイモを焼く

サツマイモを焼くことで、甘みが増して、より美味しく仕上がります。

  • ハムを炒める

ハムを炒めることで、旨味がアップして、より美味しく仕上がります。

  • 卵を焼く

卵を焼くことで、コクが増して、より美味しく仕上がります。

レタスとサツマイモ、ハム・卵のサラダの味の感想

レタスとサツマイモ、ハム・卵のサラダは、レタスのシャキシャキとした食感と、サツマイモの甘み、ハムの旨味、卵のコクが絶妙にマッチした、とても美味しいサラダです。

特に、サツマイモの甘みが、レタスのシャキシャキとした食感と、ハムの旨味を引き立てていて、とても美味しく感じました。また、卵のコクが、全体の味わいに深みを与えていて、より美味しく感じました。

まとめ

忙しい夕方でも、栄養バランスの良い食事を簡単に作ることができる、我が家の定番レシピをご紹介しました。

今回ご紹介したレシピは、以下のとおりです。

  • 大根の葉のごはん
  • 鮭の焼き魚
  • じゃがいもと大根の葉と玉ねぎが入った味噌汁
  • レタスとサツマイモ、ハム・卵のサラダ

これらのレシピは、どれも簡単に作ることができ、栄養価も高いので、ぜひ、一度お試しください。

【お知らせ】

当ブログでは、できる限り最新の情報を提供するよう努めていますが、記事公開後に情報が変更される場合があり、その正確性を保証するものではありません。

掲載されている情報はあくまで参考としてご利用ください。情報の正確さや適切さについては、ご自身の判断でご利用ください。

当ブログが管理していないリンク先の情報については、その内容に関して責任を負いません。リンク先の情報を利用する際は、ご自身の責任でご利用ください。

当ブログの情報やリンク先の情報を利用したことによる損失や不便について、当ブログは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

目次